Top >  赤ちゃんの病気 感染症 >  溶連菌感染症 >  溶連菌感染症の基礎知識

溶連菌感染症の基礎知識

溶連菌感染症は、溶連菌が喉に感染して起こる感染症の総称です。

溶連菌感染症の初期症状は、かぜに良く似ていて高熱とのどの痛みで始まります。

その後、赤いこまかい発疹が首や胸、手首や足首のあたりから始まり、場合によっては全身に広がります。

溶連菌感染症の場合、かぜとは違い対症療法をして経過観察というわけにはいかず抗生物質での治療が必要です。

赤ちゃんが感染することは稀ですが、もし感染してしまった場合は離乳食は無理強いせずに、のどごしのよいものを用意してあげてください。

 <  前の記事 プール熱(咽頭結膜熱)のケア、対策  |  トップページ  |  次の記事 溶連菌感染症の症状と特徴  > 


このページについて

このページは「赤ちゃんの病気ガイド」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク