Top >  赤ちゃんの病気 感染症 >  風疹(ふうしん) >  風疹(ふうしん)の症状・特徴

風疹(ふうしん)の症状・特徴

風疹(ふうしん)は、麻疹(はしか)によく似た症状が出ることから、俗に「三日ばしか」と呼ばれています。

発疹が全身に広がりますが、麻疹ほど症状は重くありません。

熱は1〜2日、発疹も3〜4日ほどで消えます。風疹の場合は、熱と同時に発疹が出るところが麻疹と異なる部分です。

原因は風疹ウイルスで、くしゃみや咳などにより飛沫感染します。

風疹の潜伏期間は約2〜3週間ですが、風疹にかかるのは4歳から10歳くらいの子供が多く、集団の中で生活していない赤ちゃんがかかる心配はほとんどありません。

熱は多くの場合37〜38度程度ですが、ときには40度近くなることも。

風疹の特徴のひとつにリンパ腺の腫れがあります。

風疹にかかると、熱や発疹が出るのと同時に、首や耳の下のリンパ腺が腫れ、触ると小さなしこりができていることに気がつくと思います。

他には目の充血や喉のはれ、咳などがありますが、病気としてはそれほど重いものではないため、かかっていることに気がつかないこともあるようです。

元気な子供にとっては怖い病気ではありませんが、極稀に脳炎を引き起こすケースもあるようなので、念のため小児科を受診することをおすすめします。


小さな子供のうちは怖い病気ではなくとも、ママが風疹にかかるとちょっと事情が変わってきます。

風疹の症状以外にも、頭痛や関節炎のほか、皮下で内出血して紫斑が出てくる場合もあります。

ママが妊娠している場合はさらに深刻です。妊娠4ヶ月までの妊婦が風疹に感染すると、生まれてくる赤ちゃんにトラブルが起きる心配があります。

風疹が人へ感染しやすいのは、発疹の出る数日前から発疹が出たあとの5日間ぐらいですので、もし風疹にかかった場合は保育園や幼稚園など集団生活はお休みさせるようにしましょう。

また、妊娠している人にうつしてしまうと大変なことになるので、この期間はお友達と遊ぶの我慢して自宅で安静にするようにしてください。

 <  前の記事 風疹(ふうしん)の基礎知識  |  トップページ  |  次の記事 赤ちゃんの病気 感染症  > 


このページについて

このページは「赤ちゃんの病気ガイド」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク