Top >  赤ちゃんの病気 感染症 >  水疱瘡(水痘) >  水疱瘡(水痘)の基礎知識

水疱瘡(水痘)の基礎知識

水疱瘡(みずぼうそう)は、伝染性が非常に強い病気で9歳ぐらいまでにほとんどの子供が経験する病気です。

水痘ウイルスが原因の病気ですが、感染力が非常に強くきょうだいが水疱瘡(水痘)にかかるとほとんどうつってしまうほどです。

水疱瘡(水痘)は、抗体を持っている赤ちゃんでもかかってしまう病気ですが健康な赤ちゃんであればそれほど心配する必要はありません。


発熱と同時に赤い米粒ぐらいの発疹ができはじめ、徐々に水疱になって痒みがでてきます。水疱瘡(水痘)の発疹はお腹やお尻からではじめます。

発疹や水疱はとても痒いので、赤ちゃんが掻きむしってしまうことがありますが、あまり掻きすぎると化膿してしまうことがありますので気をつけてあげてください。

小児科ではかゆみを抑えるための軟膏、すでに化膿してしまった場合は抗生物質入りの軟膏や飲み薬、抗ヒスタミン剤などを処方してくれます。

 <  前の記事 風疹(ふうしん)の赤ちゃんに対するケア  |  トップページ  |  次の記事 水疱瘡(水痘)の症状・特徴  > 


このページについて

このページは「赤ちゃんの病気ガイド」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク