Top >  赤ちゃんの病気 感染症 >  水疱瘡(水痘) >  水疱瘡(水痘)の予防接種は必要?

水疱瘡(水痘)の予防接種は必要?

水疱瘡(みずぼうそう)への対策として重要なのは、他の病気と同様で早期発見と早期治療です。

もし、赤ちゃんに病気の兆候(高熱が続いたり、嘔吐、機嫌が悪くてぐずりっぱなしなど)が現れたらすぐに小児科を受診することをおすすめします。

水疱瘡(水痘)は、健康で元気な赤ちゃんであればそれほど心配するような病気ではありません。

ただし、赤ちゃんが先天性の免疫不全や免疫抑制剤を使用されている場合は注意が必要です。かかりつけの小児科に相談した上で、予防接種を受けた方がよいでしょう。

水疱瘡(水痘)の予防接種は、麻疹などと違い任意接種になるため予防接種にかかる費用は全て自費になってしまいます。

しかし、予防接種を受けておけば水疱瘡(水痘)にかかってしまった場合にも症状が軽く済む場合が多いため、十分な効果が期待できると思います。

また、水疱瘡(水痘)の予防接種は水痘ワクチンを接種する形になるため、ごくまれにですがワクチンから感染することがあります。

 <  前の記事 水疱瘡(水痘)の症状・特徴  |  トップページ  |  次の記事 赤ちゃんが水疱瘡(水痘)になった時のケア・対策  > 


このページについて

このページは「赤ちゃんの病気ガイド」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク