Top >  赤ちゃんの病気 感染症 >  おたふくかぜ >  おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)の基礎知識

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)の基礎知識

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)は、ムンプスウイルスの感染でかかる病気です。

耳の下からあごにかけて、おたふくのお面のように腫れて痛む感染症で自然感染した場合には、髄膜炎や髄膜脳炎などの合併症をひきおこしたり難聴になるケースも報告されています。

おたふくかぜにかかると消化能力が低下するため、噛まなくてもよい消化のよい食事がおすすめです。


ムンプスウイルスに感染しておたふくかぜの症状があらわれるまでの期間は約2〜3週間ですが、感染力が弱い病気であるため症状が出ないケースもあります。

不顕性感染とよばれる状態で、おたふくかぜの感染者の実に2割から3割は病気にかかっても症状が出ません。

特に1歳ぐらいの赤ちゃんに不顕性感染が多いといわれています。

おたふくかぜは、1歳から2歳で感染する赤ちゃんは少なく、3歳から10歳ぐらいまでの間にかかることが多いようです。

おたふくかぜの原因であるムンプスウイルスは、くしゃみや咳などによりウイルスが飛び散る飛沫感染や接触感染で感染するケースが多いため、保育園、幼稚園、小学校など集団生活の中で流行する傾向があります。

 <  前の記事 赤ちゃんが水疱瘡(水痘)になった時のケア・対策  |  トップページ  |  次の記事 おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)の症状・特徴  > 


このページについて

このページは「赤ちゃんの病気ガイド」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク