Top >  赤ちゃんの病気 感染症 >  おたふくかぜ >  おたふくかぜのケア・対策

おたふくかぜのケア・対策

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)には、これといって特別な治療法や薬はありません。

基本的には普通のかぜの場合と同じで、赤ちゃんを安静にしてあげるように心がけましょう。

赤ちゃんの様子を観察して、痛みがあまりにも強そうな場合には小児科医に相談して鎮痛剤などを処方してもらってください。

冷たいタオルなどで、おたふくかぜで腫れてしまっているほっぺやあごを冷やしてあげるだけでもずいぶん違います。

また、おたふくかぜの場合には唾液や消化液を出している唾液腺が炎症をおこしてしまっているので消化能力が低下しています。

病気が治るまでは、あまり噛まずに食べられるような軟らかい食事を考えてあげるようにしましょう。

 <  前の記事 おたふくかぜの予防接種は必要?  |  トップページ  |  次の記事 りんご病(伝染性紅斑)の基礎知識  > 


このページについて

このページは「赤ちゃんの病気ガイド」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク