Top >  赤ちゃんの病気 感染症 >  りんご病(伝染性紅斑) >  りんご病(伝染性紅斑)の基礎知識

りんご病(伝染性紅斑)の基礎知識

りんご病(伝染性紅斑)は、りんごのように両方のほっぺが赤くなる症状が特徴の感染症です。

りんご病の原因は、ヒトパルボウイルスB19というウィルスで鼻水や唾液などの飛沫感染によって感染します。

春先に幼稚園児や小学生の間で流行する理由のひとつとしては、集団生活でお友達と過ごしている間に飛沫感染するためです。

りんご病にかかると、約1週間程度の潜伏期間を経てから血液中にウィルスが現れ、大人の場合には軽いかぜのような症状が現れるケースもあります。

その後1週間ぐらい無症状期間があり、りんご病の特徴となる赤い発疹が両方のほっぺや手足に現れます。

感染力が強いのは初期のかぜのような症状が出ているときで、りんご病の特徴である発疹が出る頃には感染力は無くなっています。

特徴となる症状が現れた時には、すでに感染力の強い時期は過ぎてしまっていることから、特別な予防法のないりんご病を防ぐのは非常に難しいといえるでしょう。

りんご病の症状が出ていてもすでに感染力は無くなっていますので、特に具合が悪いということがなければ普通に外出したりお友達と遊んだりしても問題ありませんが二次感染を防ぐためにも、りんご病に感染した疑いがある場合には早めに小児科医に相談することをおすすめします。

 <  前の記事 おたふくかぜのケア・対策  |  トップページ  |  次の記事 りんご病(伝染性紅斑)の症状・特徴  > 


このページについて

このページは「赤ちゃんの病気ガイド」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク