Top >  赤ちゃんの病気 感染症 >  ヘルパンギーナ >  ヘルパンギーナの基礎知識

ヘルパンギーナの基礎知識

ヘルパンギーナは、いわゆる夏かぜの一種で高熱と口内や喉にできる水疱のような発疹が特徴の病気です。

水疱がつぶれると痛みを伴うため、ヘルパンギーナに感染している赤ちゃんは、病気のあいだ不機嫌になったり食欲が無くなったりします。

高熱は数日、水疱も1週間ほどで治りますが、感染が流行するのが夏場なので脱水症状に要注意。

喉が痛いため、赤ちゃんが水分補給を嫌がるようになってしまうと汗と熱の影響であっという間に脱水症状になってしまいます。

ヘルパンギーナでは水分補給に特に注意して、どうしても飲まないようであれば小児科医に相談し点滴による水分補給をしてもらうようにしましょう。

 <  前の記事 りんご病(伝染性紅斑)のケア  |  トップページ  |  次の記事 ヘルパンギーナの症状・特徴  > 


このページについて

このページは「赤ちゃんの病気ガイド」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク