Top >  赤ちゃんの病気 感染症 >  手足口病 >  手足口病の症状・特徴

手足口病の症状・特徴

手足口病は、腸の中にいるコクサッキーA16というウイルスやエンテロウイルスが原因となって感染する夏かぜの一種です。

生後6ヶ月くらいの赤ちゃんから、4〜5才ころの幼児に多くみられる病気です。

手足口病の感染経路は、主に咳やくしゃみなどによる飛沫感染ですが、便として排泄されたウイルスから感染することもあります。

この病気は、名前の通り手や足、口の中にできる水疱状の発疹が特徴で、潜伏期間は3日から5日程度です。

手足口病の症状としては、手のひらや足の裏、口の中などに米粒大の水疱ができます。

この水疱は全体的に赤い発疹ですが、真ん中に白い芯のようなものがあるのが特徴です。

発疹に痛みや痒みはありませんが、足の裏にできた水疱は少し痛むこともあります。

ほとんど熱を伴うこともなく、仮に熱が出る場合も38度を超える場合はほとんどありません。

下痢や吐き気といった症状が伴うこともあります。

手足口病は、口の中に発疹ができるため赤ちゃんがむずがったり、食事や水分をとらなくなることがあります。

赤ちゃんの病気で怖いのは、水分補給が不足したことによる脱水症状です。

もし、どうしても水分補給が難しいようなら小児科医に相談して点滴による水分補給を受けるようにしてください。

 <  前の記事 手足口病の基礎知識  |  トップページ  |  次の記事 手足口病のケア・対策  > 


このページについて

このページは「赤ちゃんの病気ガイド」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク