Top >  赤ちゃんの病気 感染症 >  プール熱(咽頭結膜熱) >  プール熱(咽頭結膜熱)の症状・特徴

プール熱(咽頭結膜熱)の症状・特徴

プール熱(咽頭結膜熱)の症状として特徴的なのは高熱や喉の痛み目の充血などです。

プールに入らない赤ちゃんが感染することはほとんどない病気ですが、アデノウイルスは大変感染力が強いウイルスなので、お兄ちゃん、お姉ちゃんから赤ちゃんにうつることがあります。

プール熱の潜伏期間は5日から7日ほどで、症状は喉と目にあらわれます。

いちばん多い症状としては、喉がはれて痛み出すのと同時に目が充血して結膜炎をおこし、急に39度を超えるような高熱が出ます。

喉の痛み、目の充血、高熱というわかりやすい症状が現れるため、プール熱の診断は比較的かんたんにつけることができます。

ただし、赤ちゃんの場合には下痢や嘔吐など別な症状の方が目立ってしまい、結膜炎の症状が現れないこともあるようです。

また、プール熱に良く似た症状を持つ病気に流行性角結膜炎という病気があります。

俗に「はやり目」と呼ばれる病気で、プール熱以上に感染力が強いため周りにかかっている子がいる場合は特に注意してあげましょう。

流行性角結膜炎は、プールの水やタオルを共有することで感染し、プールよりも重い症状が特徴です。

赤ちゃんがかかると細菌感染を引き起こし失明につながる恐れもある怖い病気なので、目やにが出ているときはタオルの共有は控えるようにしましょう。

 <  前の記事 プール熱(咽頭結膜熱)の基礎知識  |  トップページ  |  次の記事 プール熱(咽頭結膜熱)のケア、対策  > 


このページについて

このページは「赤ちゃんの病気ガイド」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク