Top >  赤ちゃんの病気 感染症 >  溶連菌感染症 >  溶連菌感染症の症状と特徴

溶連菌感染症の症状と特徴

溶連菌感染症というのは、A群β溶血性連鎖球菌(略して溶連菌)という細菌の感染によって起こる病気の総称です。

溶連菌という名前はあまり聞き慣れないと思いますが、菌そのものはよくいるありふれた細菌のひとつです。

一般的に赤ちゃんが感染することはあまりありません。

溶連菌感染症に感染したり発症したりするのは幼児や小学生ぐらいまでが中心です。

初めは咽頭炎や扁桃炎などいわゆる「のどかぜ」に良く似た症状が現れます。

溶連菌感染症に感染すると、39度前後の高熱から症状が現れ、喉が赤く炎症をおこします。

喉の痛みが強く、吐き気や嘔吐、頭痛や腹痛など様々な症状が出ます。

まれに、首のリンパ節が腫れたり中耳炎を併発するケースもあるようです。

高熱が出た後に、赤いこまかい発疹が首や胸の辺りから手首、足首まで全身に広がります。

発疹は、溶連菌感染症にかかった人それぞれで程度が違いますが総じて痒みを伴うようです。

発病直後は舌が白いコケにおおわれたようになりますが、数日でイチゴのように赤くなりプツプツができます。

「いちご状舌」と呼ばれる溶連菌感染症に特徴的な症状で、「いちご状舌」と共に口の周りも荒れてしまいます。

また、溶連菌の中でも特殊な毒素を出すタイプに感染すると、しょうこう熱と呼ばれる状態になり高熱とともに全身の皮膚に赤い発疹が強く出ます。

しょうこう熱は、死亡率の高さから法定伝染病に指定されていたほどの怖い病気ですが、最近は抗生物質で治療すれば自宅でも十分にケアできるよってきているようです。

そのため、最近は「しょうこう熱」という病名ではなく溶連菌感染症の一つとして扱われるケースがほとんどです。

 <  前の記事 溶連菌感染症の基礎知識  |  トップページ  |  次の記事 溶連菌感染症のケア、対策  > 


このページについて

このページは「赤ちゃんの病気ガイド」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク