Top >  ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナは発熱と口内の粘膜に水疱のような発疹があらわれる病気で、夏場に流行することが多い感染症です。 子供の急性ウイルス性咽頭炎で、ヘルパンギーナは夏かぜの代表的な病気にもあげられています。 主にコクサッキーウイルスの感染によって起こりますが、エンテロウイルスなど他のウイルスが原因でヘルパンギーナに感染することもあるため、何度も感染してしまうことがある病気です。 夏場に流行し、高熱を伴う病気なので水分補給には特に注意が必要です。 赤ちゃんの場合、水分補給をこまめにしてあげないと、汗と熱ですぐに脱水症状になってしまうので少しずつでも赤ちゃんに水分補給をしてあげるようにしてください。

ヘルパンギーナ一覧

赤ちゃんがヘルパンギーナになった時のケア・対策

ヘルパンギーナは、ウイルスが原因による病気なので特効薬と呼べるような薬はありませ...

赤ちゃんがヘルパンギーナになった時のケア・対策の続きを読む>

ヘルパンギーナの症状・特徴

ヘルパンギーナは、夏場から秋口にかけて流行する夏かぜの一種で、赤ちゃんに多い病気...

ヘルパンギーナの症状・特徴の続きを読む>

ヘルパンギーナの基礎知識

ヘルパンギーナは、いわゆる夏かぜの一種で高熱と口内や喉にできる水疱のような発疹が...

ヘルパンギーナの基礎知識の続きを読む>

< 前のカテゴリ「プール熱(咽頭結膜熱)」へ  |  トップページ  |  次のカテゴリ「手足口病」へ >


このページについて

「赤ちゃんの病気ガイド」のカテゴリ「ヘルパンギーナ」内にある記事の一覧です。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク