Top >  溶連菌感染症

溶連菌感染症

溶連菌感染症は、A群β溶血性連鎖球菌という細菌による感染症の総称です。 溶連菌あまり聞き慣れない名前ですが、鼻や喉・口の中にいつも存在している常在菌で、そのために麻疹や水疱瘡などと違って何度でも感染してしまいます。 咳や唾液などによる飛沫感染が主な感染経路ですが、赤ちゃんが感染することは稀で溶連菌感染症に感染したり発症したりするのは幼児や学童児など保育園や幼稚園、小学校など集団生活を送っている子供がほとんどです。 溶連菌の中でも特殊な毒素を出すタイプに感染すると、高熱とともに全身の皮膚に赤い発疹が強く出るため注意が必要です。

溶連菌感染症一覧

溶連菌感染症のケア、対策

溶連菌感染症の治療には、溶連菌感染症の原因となっている溶連菌に有効な抗生物質の服...

溶連菌感染症のケア、対策の続きを読む>

溶連菌感染症の症状と特徴

溶連菌感染症というのは、A群β溶血性連鎖球菌(略して溶連菌)という細菌の感染によ...

溶連菌感染症の症状と特徴の続きを読む>

溶連菌感染症の基礎知識

溶連菌感染症は、溶連菌が喉に感染して起こる感染症の総称です。 溶連菌感染症の初期...

溶連菌感染症の基礎知識の続きを読む>

< 前のカテゴリ「麻疹(はしか)」へ  |  トップページ  | 


このページについて

「赤ちゃんの病気ガイド」のカテゴリ「溶連菌感染症」内にある記事の一覧です。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク