Top >  麻疹(はしか)

麻疹(はしか)

 麻疹(はしか)は、麻疹ウイルスの感染により起こる病気です。予防接種のない時代には麻疹によって亡くなる赤ちゃんも多かったため「命さだめ」などと呼ばれていました。 麻疹はたいへん感染力の強い病気で赤ちゃんの命にかかわるものなので、早めに予防接種を受けるようにしましょう。

麻疹(はしか)一覧

麻疹(はしか)の予防接種の重要性

昔は麻疹(はしか)で亡くなる赤ちゃんも多かったため、「命さだめ」とも呼ばれていま...

麻疹(はしか)の予防接種の重要性の続きを読む>

麻疹(はしか)の赤ちゃんに対するケア

麻疹(はしか)で赤ちゃんがいちばん苦しむのは、発症してから4〜6日ごろです。 熱...

麻疹(はしか)の赤ちゃんに対するケアの続きを読む>

麻疹(はしか)の症状・特徴

麻疹(はしか)は、昔は誰でも一生の内に一度は経験する病気として知られていた、伝染...

麻疹(はしか)の症状・特徴の続きを読む>

麻疹(はしか)の基礎知識

麻疹(はしか)は、咳やくしゃみ、鼻水などかぜに良く似た症状で始まる病気です。 麻...

麻疹(はしか)の基礎知識の続きを読む>

< 前のカテゴリ「風疹(ふうしん)」へ  |  トップページ  |  次のカテゴリ「溶連菌感染症」へ >


このページについて

「赤ちゃんの病気ガイド」のカテゴリ「麻疹(はしか)」内にある記事の一覧です。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク