Top >  水疱瘡(水痘)

水疱瘡(水痘)

水疱瘡(みずぼうそう)は、水痘ウイルスによる伝染力の非常に強い病気です。 生まれたばかりの赤ちゃんでもかかってしまう可能性のある病気なのでとても注意が必要です。 ただし、健康な赤ちゃんにとって水疱瘡(水痘)はそれほどこわい病気ではありませんので、安心してケアしてあげるようにしてください。任意接種ですが予防接種を受けることもできます。

水疱瘡(水痘)一覧

赤ちゃんが水疱瘡(水痘)になった時のケア・対策

水疱瘡(みずぼうそう)のケアをする際に注意すべき点は、強い痒みを伴う発疹を赤ちゃ...

赤ちゃんが水疱瘡(水痘)になった時のケア・対策の続きを読む>

水疱瘡(水痘)の予防接種は必要?

水疱瘡(みずぼうそう)への対策として重要なのは、他の病気と同様で早期発見と早期治...

水疱瘡(水痘)の予防接種は必要?の続きを読む>

水疱瘡(水痘)の症状・特徴

水疱瘡(みずぼうそう)は、ほとんどの子供が赤ちゃんから9歳くらいまでの間にかかる...

水疱瘡(水痘)の症状・特徴の続きを読む>

水疱瘡(水痘)の基礎知識

水疱瘡(みずぼうそう)は、伝染性が非常に強い病気で9歳ぐらいまでにほとんどの子供...

水疱瘡(水痘)の基礎知識の続きを読む>

< 前のカテゴリ「手足口病」へ  |  トップページ  |  次のカテゴリ「突発性発疹」へ >


このページについて

「赤ちゃんの病気ガイド」のカテゴリ「水疱瘡(水痘)」内にある記事の一覧です。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク